おすすめの除毛クリームと安全な使い方【抑毛成分入り】除毛クリームで毛が薄くなる?
あなたは除毛クリームに関してこんなことを思っていませんか?

  • 除毛クリームの効果的な使い方は?
  • 除毛クリームで毛が薄くなる?
  • ムダ毛の処理が面倒だから除毛クリームで簡単に処理したい

この記事では、抑毛成分を含んだおすすめの除毛クリームを紹介します。

また、除毛クリームの正しい使い方は知っていますか?塗るだけで簡単にムダ毛を処理できる除毛クリームですが、使い方を間違えるとうまくムダ毛を処理できなかったり肌荒れを起こしたりしてしまいます。

そこで、除毛クリームでムダ毛を安全・効果的に処理する方法とムダ毛を根本からなくしてツルツルの肌をキープする方法を解説していきます。

抑毛成分を含んだおすすめの除毛クリーム
除毛クリームで毛は薄くなる?

1.除毛クリームで毛は薄くなる?

除毛クリームで毛は薄くなる?
除毛クリームには脱毛効果がないため、使い続けても毛が薄くなることはありません。

肌表面にあるすべての毛がなくなるため、毛が抜けたように見えますが、しかし毛根は残ったままなので、しばらくするとまた毛が生えてきます。
除毛クリームで毛がなくなるメカニズムは次のようになっています。

「チオグリコール酸カルシウム」が毛のタンパク質を分解する

肌表面にあるすべての毛がなくなる

毛が抜けたように見えるが、毛根は残っている

しばらくすると毛が生えてくる

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」という除毛成分が配合されています。
チオグリコール酸には毛の成分であるタンパク質を分解し、毛を溶かしてくれる働きがあります。これにより肌の表面にある毛を溶かすことによってムダ毛を処理してくれます。

除毛クリームを使った後に毛が薄くなったと感じるのは除毛クリームに含まれている抑毛成分により、いつもより毛が伸びてこないからそのように感じた可能性があります。

毛の成長を遅らせる代表的な成分は次の2つです。

  • 大豆エキス
  • パイナップルエキス

次に、これらの抑毛成分の入ったおすすめの除毛クリームを紹介します。

2.【抑毛成分入り】おすすめの除毛クリーム

【抑毛成分入り】おすすめの除毛クリーム

【抑毛成分入り】おすすめの除毛クリーム
商品名 価格
おすすめパイナップル豆乳除毛クリーム 1,430円
ゼロクリーン 2,178円

※価格は税込み表記
それぞれ詳しく紹介します。

パイナップル豆乳除毛クリーム

金額 初回1,430円(税込)
2回目以降2,860円(税込)
(回数制限なし)
成分 大豆エキス(抑毛成分)
チオグリコール酸カルシウム (除毛成分)
尿素(保湿成分)
使用可能部位 顔やIOを除く全身

抑毛成分として、大豆から抽出された植物性イソフラボンが高配合されています。
30日間全額返金保証付きなので、自宅でゆっくり効果をお試しできます。

ゼロクリーン

金額 初回2,178円(税込)
2回目以降5,478円(税込)
(4回目以降停止可能)
成分 大豆エキス(抑毛成分)
パイナップル果実エキス(抑毛成分)
チオグリコール酸Ca(除毛成分)
使用可能部位 顔やIOを除く全身

初回1,980円で、除毛クリームと抑毛ローションをセットで試せるゼロクリーン。
セットで使うことで、より早く毛が目立ちにくくなってきます。

除毛クリームと抑毛ローションを合わせて使いたい人におすすめです。

3.除毛クリームで自己処理をするメリット・デメリット

除毛クリームで自己処理するメリット・デメリット
除毛クリームで自己処理を行うメリット・デメリットをまとめました。

3-1.除毛クリームで自己処理するメリット

除毛クリームによる自己処理には、次の3つのメリットがあります。

  • 次に生えてくる毛が目立ちにくい
  • 時間がかからない
  • 他の自己処理より除毛効果が持続する

次に生えてくる毛が目立ちにくい

除毛クリームには毛を溶かす性質があるため、処理した毛の断面は丸く細くなります。
そのため、カミソリを使って自己処理をした場合のようにチクチクとした肌触りになることがなく、毛が目立ちにくくなります。

時間がかからない

除毛クリームを使えば、たった5分~10分でムダ毛処理が完了します。
また塗るだけなので、他の自己処理に比べて簡単で失敗のリスクもありません。

他の自己処理より除毛効果が持続する

除毛クリームは、毛のもとになるタンパク質を分解して毛を根本から取り除きます。
お肌に出ている毛を剃るカミソリや電気シェーバーよりもムダ毛へのフィット力に優れているため、除毛効果が持続します。

3-2.除毛クリームで自己処理するデメリット

除毛クリームで自己処理をするデメリットは次の2つです。

  • 肌荒れの可能性がある
  • 部位によっては脱毛よりコストがかかる

それぞれ解説します。

肌荒れを起こす可能性がある

除毛クリームには、タンパク質を分解する「チオグリコール酸カルシウム」という弱アルカリ性の成分が含まれています。
しかしお肌は本来弱酸性なので、弱アルカリ性の成分が触れることで肌が荒れてしまう可能性があります。

使用前には必ずパッチテストをして、肌トラブルを未然に防ぎましょう。

除毛クリームのパッチテストの方法
  1. 肌をキレイに洗う
  2. ふくらはぎの内側にクリームを塗る(1円玉程度の大きさ)
  3. 5~10分放置する
  4. クリームを拭き取って洗い流す
  5. 24時間後にテストした箇所が赤くなっていないかを確認する

部位によっては脱毛よりコストがかかる

除毛クリームとサロンの脱毛には、料金面に次のような違いがあります。

除毛クリームとサロンの料金比較
除毛クリーム サロン(ジェイエステ)
部位 ワキのみ ワキ脱毛12回
(5年無料保証)
+選べる3部位各1回
金額 1本1,000~3,000円 300円

サロンのお試しキャンペーンを利用した方が、圧倒的に安くムダ毛を処理できます。
また、サロンの脱毛に12回通えば、自己処理が不要な状態を目指せます。

一方、除毛クリームは使い続けても脱毛効果がありません。
使う期間が長ければ長いほど、費用がかかる点がデメリットといえます。

3-3.除毛クリームを使ってみた人の口コミ

ツイッターやYouTubeに寄せられている実際に除毛クリームを使用した人の口コミをまとめました。

除毛クリームの良い口コミまとめ
  • 仕上がりがキレイ
  • チクチクした感じがしない
  • 臭くない
除毛クリームの悪い口コミまとめ
  • 肌荒れしてしまった
  • 処理できずに残った毛があった
  • 臭いが気になる

除毛クリームを使うと、カミソリでケアするよりも綺麗に仕上がるようです。
また以前は刺激の強かった除毛クリームの香りも、改良が重ねられて心地よい香りになっていることも口コミから伝わってきました。

ただし肌荒れが起きたり、毛が残ったりする可能性もゼロではありません。
ツルツルのお肌を手に入れるためにも、この機会に除毛クリームの正しい使い方を理解しておきましょう。

4.除毛クリームの正しい使い方

除毛クリームの正しい使い方
除毛クリームで安全に、ムラなくムダ毛を処理する使い方を紹介します。
初めて使う時は、前日までに必ずパッチテストを行っておくようにしましょう。

またパッチテストで肌がヒリヒリすると感じた人は、使用を控えるのがおすすめです。
赤みやかゆみなどの症状が続く場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

4-1.除毛前に準備するもの


除毛クリームを使うときには次の4つを準備します。

  • 除毛クリーム
  • スポンジもしくはヘラ
  • タオル・ティッシュなど

dsc_0483
では、早速除毛していきましょう。
※効果の分かりやすさのため、男性の手を使用しています。

4-2.除毛クリームの塗り方・使用量

dsc_0489
水気を拭き取った肌の上に除毛クリームを乗せて、スポンジかヘラで均一に伸ばしていきます。

肌に水分や皮脂が残っていると除毛効果が出にくくなります。
除毛したい箇所を石鹸で洗って、タオルで水気を拭き取ってからクリームを塗り始めましょう。
dsc_0494
この時使用する量は毛先がクリームで隠れるぐらい。
dsc_0505
除毛部分全体に塗った後は、3分から6分ほどそのままにしておきます。

塗布時間が長すぎると肌のタンパク質が傷つき、肌が荒れてしまうこともあります。
肌トラブルを防ぐためにも、必ず塗布時間を守りましょう。

4-3.除毛クリームの拭きとり方法

dsc_0509
時間が経ったら、除毛できているかを確認します。
一部分クリームを拭き取り、表面の毛が除毛できているかチェックしてください。

除毛できていたら、ヘラやスポンジでクリームを取っていきましょう。
強くこすると、次のようなトラブルの原因になりかねないため注意が必要です。

  • 肌が傷つく
  • 切れ毛になって肌に残る
  • 毛の断面が広がってチクチクする

ヘラやスポンジを使わずに、水で洗い流してもOKです。
ただし除毛クリームには弱アルカリ性の成分が含まれているため、アルカリ性の石鹸やボディソープの使用は避けましょう。

4-4.除毛クリーム使用後は保湿をする

dsc_0534
除毛クリーム使用後はお肌が乾燥しやすい状態になっているので、除毛後はボディークリーム等で必ず保湿をしましょう。

抑毛効果を持続したい人は、イソフラボンやパイナップル酵素といった成分が配合された抑毛ローションがおすすめです。

抑毛ローションなら、保湿と抑毛が同時に行え除毛効果を長く継続させることが望めます。

5.除毛クリームを使用する場合の注意点

除毛クリームを使用する場合の注意点
除毛クリームを使用するにあたって注意すべきポイントを2つ紹介しておきます。
肌トラブルを起こさず効果を実感するためにも、必ず確認しておきましょう。

5-1.顔やデリケートゾーンへの使用は控える

除毛クリームは、顔やIライン、Oラインには使用できません。
主な理由は次の2つです。

  • 皮膚が薄く肌トラブルが起きやすい
  • 目や口に誤って入ると危険

肌は弱酸性なのに対して除毛クリームはアルカリ性なので、敏感な部位に使用すると肌荒れの原因になってしまいます。
顔やデリケートゾーンのムダ毛を処理したい人は、除毛クリームではなく、抑毛ローションを使用しましょう。

5-2.連続して使用しない

除毛クリームを連続して使用するのはおすすめできません。
毎日のように除毛クリームを使用すると、次のような肌トラブルの原因になります。

  • 乾燥
  • 赤み
  • かゆみ
  • 発疹

最低でも2日~1週間は期間を空けて、肌の状態が落ち着いてから使用するようにしましょう。

6.ムダ毛を根本からなくしてツルツルの肌をキープする方法


除毛クリームは肌表面の毛にしか効果がないため、使い続けても脱毛効果を実感することはできません。
ムダ毛を根本からなくしたい人は、次のどちらかの方法でケアを行いましょう。

6-1.家庭用脱毛器を使用する

家庭用脱毛を使用すれば、自宅で手軽に脱毛することができます。
特に以下の項目に当てはまる人は、家庭用脱毛器でケアするのがおすすめです。

  • 忙しくて脱毛に通えない人
  • 自宅でゆっくり脱毛や美顔ケアをしたい人
  • 他人に肌を見せたくない人

ただし家庭用脱毛器は素人でも安全に使えるように、出力が弱めに設定されているため効果も低めです。
また脱毛器本体の購入には、5~10万円が必要になります。

安く早く効果を実感したい人は、サロンやクリニックで脱毛を行いましょう。

6-2.脱毛サロン・クリニックに通う

サロンやクリニックの脱毛器は業務用なので、高出力で照射を行えます。
またサロンのキャンペーンを利用すれば、1,000円以内で脱毛を試せます。

美容電気脱毛を体験できるTBCなら、一度で脱毛効果を実感できます。
お試しだけで効果を実感したい人はTBC、痛みの心配なく格安で脱毛を体験したい人はジェイエステやミュゼをチェックしておきましょう。

キャンペーンを利用して安く脱毛を体験できるサロンやクリニックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

参考記事
VIO脱毛のお試し体験ができる安いサロン・クリニック最新版
VIO脱毛を安くお試しできるキャンペーンや、VIO脱毛の完了までの総額が安いサロン・クリニックを紹介します。
参考記事
脇脱毛のお試し体験キャンペーンがある安いサロン・クリニック最新版
脇脱毛を安く完了できたり料金を安くできるキャンペーン、完了するまで通った時の総額が安いサロン・クリニックを紹介しています。
参考記事
足・ひざ下脱毛のお試し体験ができる料金が安いサロン・クリニック
ひざ下脱毛を安く体験できるキャンペーンや、ひざ下脱毛が完了するまでの総額が安いサロン・クリニックを紹介します。
参考記事
医療脱毛のお試しを体験できる料金が安いクリニックのキャンペーン情報
医療脱毛を安くお試しできるキャンペーンや、完了までの総額が安くなるキャンペーンがあるクリニックを紹介します。

7.まとめ


除毛クリームは、自己処理の中では仕上がりが綺麗な処理方法で、次に生えてくる毛もカミソリを使った場合より目立ちにくくなります。
少しでも長くツルツルの状態をキープしたいなら抑毛成分入りの除毛クリームを使用しましょう。

【抑毛成分入り】おすすめの除毛クリーム
商品名 価格
おすすめパイナップル豆乳除毛クリーム 1,430円
ゼロクリーン 2,178円

※価格は税込み表記

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
  1. VIO脱毛の安いお試し体験があるキャンペーン
  2. 医療脱毛のお試しを体験できる料金が安いクリニックのキャンペーン情報
  3. 脇脱毛のお試し体験キャンペーンがある安いサロン・クリニック最新版

 

脱毛の関連記事
部位別に選ぶ
医療レーザー脱毛